展示情報

展示情報
リクエスト展
アルフォンス・ミュシャ
《ゴーフレット・ラベル:ルフェーヴル・ユティル》
1899年 リトグラフ、紙 堺市蔵

企画展ミュシャが見たパリ 時代を映すポスター

 ひとつの世紀の終期のことを世紀末といいますが、特にフランス語での「世紀末」は、19世紀の終わりを指す言葉として特別な意味合いを持っています。18世紀末の産業革命と市民革命はすっかり歴史の一部となり、近代化の波が押し寄せたパリには人や物があふれていました。印刷技術の発展も重なって、商品の魅力を余すところなく伝えるポスターの数々がそんな都市を彩りました。世紀末パリのポスターには、当時の人々の夢と希望が凝縮されています。しかしその裏には、不安定な政治状況や貧富の差といった現実も存在していました。「世紀末」とは、社会の明部と暗部それぞれにともなう思想が入り乱れる、その世相を示す言葉でもあります。

 20世紀に入り、大きな戦争も経験したヨーロッパは、秩序や安定、合理性を求めるようになります。パリではなおもすぐれたポスターデザインが生み出されましたが、そこにはもはや過剰な装飾はなく、抑制の効いた堅固なイメージが形作られています。
 
 多くの人が目にする街頭のポスターは、土地の気運や当世の人々の声を反映します。ポスターデザイナーたちは、社会の動きや流行の推移を敏感に読み取り、画面に表現していました。

 本展覧会では、ミュシャの作品を中心に、アール・ヌーヴォーからアール・デコ期のポスターとそれに関わる作品を出品します。ポスターの黄金期といわれる19世紀末から20世紀初頭の作品から垣間見える、当時の暮らしや文化、思想といった社会の様子は、現代の私たちを時空を超えた旅へといざなってくれるでしょう。

展示作品一覧終了
開催期間 2013/11/16(土)〜2014/03/09(日)
展示情報
一覧へもどる ページの先頭へ
展示情報一覧 イベント情報一覧
ミュージアムショップ フェイスブックページ 堺市立文化館