展示情報

展示情報
リクエスト展
アルフォンス・ミュシャ
《月:四つの星》
1902年 リトグラフ、紙
堺市蔵

企画展ミュシャと世紀末の幻想

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が活躍した19世紀末のフランスには、「良き時代」とされたベル・エポックの華やかな一面とは裏腹に、退廃的で仄暗い一面も存在します。キャバレーや百貨店が隆盛し、街中を彩る美しいポスターが促す大量生産・大量消費の明るい時代の裏には、無政府主義やテロリズムがはびこり、オカルティズムやデカダンスに傾倒するなど不安を漂わせた時代の姿がありました。世紀の変わり目の不安定な世の中に対する不安や虚無感は、芸術家たちの作品にもさまざまな形で影響を与えます。
ミュシャもまた、パリの街を美しく飾るポスターを描く一方で心霊研究に熱中し、降霊術の実験に参加するなど神秘的なものに強く関心を持っていました。
本展覧会では、そんな世紀末独特の時好とミュシャとの関わりを紐解き、華やかで美しいだけではないミュシャ作品の一面をご紹介します。

展示作品一覧終了
開催期間 2015/07/11(土)〜2015/11/08(日)
お問い合わせ 072−222−5533
関連リンク http://mucha.sakai-bunshin.com/
展示情報
一覧へもどる ページの先頭へ
展示情報一覧 イベント情報一覧
ミュージアムショップ フェイスブックページ 堺市立文化館