展示情報

展示情報
リクエスト展

企画展ミュシャのアトリエ―どんな作品を作っているの?―

 現在のチェコ共和国で生まれた芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)はその生涯のなかで多種多様な作品を制作しました。故郷を出てパリで活躍していた頃に手がけたポスターは「リトグラフ」という版画技法で制作されており、大量に印刷されたミュシャのポスターはその豊かな装飾性と美しい色彩でパリの街を彩りました。
 また、ポスターの画家というイメージが強いミュシャですが、油彩画やブロンズ彫刻、鉛筆でのデッサンなど多様な手法で作品を制作しています。ミュシャのアトリエから生まれる作品には、それぞれ異なった歴史とさまざまな制作工程を持つ「技法」が使われているのです。
 本展覧会では「リトグラフ」や「油彩」など、さまざまな「技法」に着目しながらミュシャの作品をご紹介します。

展示作品一覧終了
開催期間 2016/06/18(土)〜2016/10/16(日)
お問い合わせ 072−222−5533
関連リンク 【テキスト】
展示情報
一覧へもどる ページの先頭へ
展示情報一覧 イベント情報一覧
ミュージアムショップ フェイスブックページ 堺市立文化館