企画展
開催中

アルフォンス・ミュシャ没後80年記念特別展 アール・ヌーヴォーの花園 ミュシャとラリック 花々と植物のかたち

2019/07/06(土)〜2019/10/14(月)
9:30~17:15(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(7月16日、8月13日、9月17日、24日)/展示替臨時休館日(8月20日、21日)

フランスの19世紀末を彩ったアール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は大女優サラ・ベルナールに見いだされたことをきっかけに一躍人気のデザイナーとして才能を豊かに開花させていきました。没後80年に開催する本特別展では、ミュシャがパリで制作した代表的な装飾パネルを中心に、同時代に活動したルネ・ラリック(1860-1945)のジュエリーやガラス工芸と共に約130点をご紹介いたします。本展ではミュシャが描く代表的な装飾パネルをはじめ、ラリックが手掛けたジュエリーや工芸品をとおして見られる世紀末に彩られた花や植物にスポットをあてます。公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会(NFD)のご協力のもと、作品とコラボレートしたアーティフィシャルフラワーによるフラワーアレンジメントもお楽しみください。

会場

堺 アルフォンス・ミュシャ館

住所: 〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200
ベルマージュ堺弐番館2F~4F

TEL: 072-222-5533

FAX: 072-222-6833

観覧料

〇一般  個人:500円 団体:400円

〇高校生・大学生  個人:300円 団体:240円

〇小学生・中学生  個人:100円 団体:80円

*小学生未満、障がい者手帳をお持ちの方と介助者、堺市にお住まいの65歳以上の方は無料

主催

公益財団法人 堺市文化振興財団  堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

協力

箱根ラリック美術館、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)

学術協力

上田善弘(岐阜県立国際園芸アカデミー客員教授)、西原彩子(株式会社アボック社)

お問い合わせ

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

TEL:072-222-5533

FAX:072-222-6833

〇アルフォンス・ミュシャ没後80年の特別展示

世代を超えて日本中で愛されている芸術家アルフォンス・ミュシャの最も代表的な装飾パネルが一堂に展示されます!
さらに当館しか所蔵していない貴重な素描も合わせて展示します。ぜひ会場でじっくりご覧ください。

〇宝飾工芸作家ルネ・ラリックのジュエリー・工芸作品の展示

本特別展は箱根ラリック美術館との共同開催により実現しました。実はミュシャと同年代のルネ・ラリック。さらにミュ
シャとラリックは共に女優サラ・ベルナールに見いだされました。共通項が多いラリックの作品からは植物や花々をモチーフとしたジュエリーや工芸作品を展示します。ラリックとミュシャの作品をともにご覧いただける貴重な展示です。

〇公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)との特別コラボレーション

ミュシャやラリックの作品には優美な植物や花々が多く登場します。アーティフィシャルフラワー(生花をリアルに再現し美しく造られた花)とのコラボレーション展示は初めての試みです。本特別展でしかご覧いただけません。