企画展

2021/03/27(土) 〜 2021/07/25(日) 9:30~17:15(入館は16:30まで) 月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(4月30日、5月6日)、 展示替臨時休館日(5月25日・26日)
カランドリエ ミュシャと12の月

カランドリエ ミュシャと12の月

“カランドリエ”とは、フランス語で暦(カレンダー)を意味します。19世紀末のパリで活躍したアルフォンス・ミュシャは、広告デザイナーとしての仕事のうち特にポスターで有名ですが、実はカレンダーも数多く制作しています。ミュシャの代表作のひとつ《黄道十二宮》も、当初はカレンダーとして制作されたものです。本展では、当時の人々の暮らしを彩ったアール・ヌーヴォーのカレンダーの数々を、習作とともに一挙に公開します。 また、その月その季節にふさわしいミュシャの作品を、12の月の流れに沿って紹介します。装飾パネル《四季》をはじめとした春夏秋冬にまつわる作品、クリスマスやハロウィンといった行事をテーマとした作品、さらに「ミュシャと妻マルシュカの結婚記念日」や「1900年パリ万博開幕日」、「サラ・ベルナールを讃える日」など、ミュシャの生涯における重要な日にも着目し、知られざるエピソードを交えながらミュシャの人物像にせまります。また、ミュシャが生きた時代の大阪・堺にも目を向け、明治期の堺の商店が配布していた暦と引札(広告チラシ)も紹介。東西の多彩な暦の世界をご堪能ください。

 

*展示室内での写真撮影について*
「カランドリエ ミュシャと12の月」展では、当館の主要作品《ウミロフ・ミラー》の撮影が可能です。
その他、展示室内の一部作品のみ撮影可能です。「撮影可能マーク」等、館内表示に従いお楽しみください。
※フラッシュ、三脚、自撮り棒の使用は禁止です。
※《ウミロフ・ミラー》を撮影の際は、鏡の中にも、他のご来館者の方の姿がうつり込まないようご注意ください。
※撮影の際は、他のご来館者の方の鑑賞の妨げにならないようご配慮をお願いいたします。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止へのご協力について

目録(PDF/600KB)

Highlight本展のみどころ

①ミュシャが手がけたアール・ヌーヴォーのカレンダーの数々を一挙にご覧いただけます。

②12の月の流れに沿って、その月その季節ならではの作品を、エピソードとあわせて堪能できます。

③明治期の堺の商店が配布した暦と引札(チラシ)も展示。東西のカレンダー文化を味わえます。