企画展
開催前

アフィショマニ!ミュシャマニ!

2024/08/03(土)〜2024/12/01(日)
9:30~17:15(入館は16:30まで)  
月曜日、休日の翌日(9月17日・9月24日・10月15日・11月5日) * ただし8月13日は開館

展示概要

集めて、愛でて、語り合う
19世紀末パリのポスター収集熱

今もなお “収集欲”を掻き立てられる19世紀末パリのポスター文化に浸れる展覧会。
「収集」という側面から、ポスターが新たな芸術として価値を高めた様相を浮かびあがらせる試みです。当時のアフィショマニ(ポスターマニア)たちを熱狂させたミュシャ・スタイルのポスターの魅力、ミュシャのデザイナーとしての手腕も存分にお楽しみいただけます。

展示構成
1章「集めたい アートになったポスターを」
アフィショマニ向けに発売されたハンディタイプのポスターコレクションである『ポスターの巨匠たち』1895年版を一挙公開。さらに、ミュシャがカバーを手掛けて話題を呼んだ定期刊行の版画集『レスタンプ・モデルヌ』もご紹介。アフィショマニの邸宅に見立てた空間で、アフィショマニ気分をご堪能いただけます。

左:ポール・ベルトン『ポスターの巨匠たち』(1895年版)1896年 紙に印刷  堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵
中央:ジュール・シェレ《タバコの巻紙「ジョブ」》『ポスターの巨匠たち』より1895年 リトグラフ、紙  堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵
右:『《レスタンプ・モデルヌ》誌表紙(15号)』1898年 リトグラフ、紙 
 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵

2章「集めたい 日常をうるおすミュシャ・スタイルを」
ポスターと並んでミュシャのパリ時代を代表する創作群が「装飾パネル」。ポスター人気を機に室内装飾や日用品、工芸や宝飾の分野からのミュシャ・スタイルの需要の高まりとともに、大衆のための芸術を目指し、それらに応えたミュシャの幅広いデザイン業をご紹介。

 

左:アルフォンス・ミュシャ《ランスの香水「ロド」》1896年 リトグラフ、紙 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵
中央:
アルフォンス・ミュシャ《ビザンティン:ミュシャの壁布プロジェクト》1900年頃 リトグラフ、紙  堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵
右:アルフォンス・ミュシャ《ビザンティン:壁布》1900年頃 ベルベットに印刷 
 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市)蔵

同時開催
ミュシャLabo#05 「特集!リトグラフ」

ミュシャのポスターはどうやって印刷されていたの?何種類の版があるの?
作品の身近なギモンにせまるミュシャLaboシリーズ第5弾は、みんなが気になる「リトグラフ印刷」の技法、魅力を特集します。
リトグラフ研究者・稲田大祐氏協力による罌粟(ケシ)と女性色分解(実験)にも注目です!

アルフォンス・ミュシャ《カッサン・フィス印刷所》1896年 リトグラフ、紙 堺 アルフォンス・ミュシャ館蔵

■スマートフォンで聴く 無料音声ガイドのご案内
展示の一部は音声での解説をお聞きいただけます。
展示室入口のQRコードを読み込むだけでご利用が可能です。( アプリのダウンロードは不要です。)
※ご利用の際はご自身のイヤホンをご使用ください。またはスマートフォンのスピーカー音量を絞り、直接耳に当ててご利用ください
※フリーWi-Fiのご利用も可能です。
※Wi-Fi接続以外の通信料はお客様のご負担になります。

■点字解説書の貸出のご案内
当館の主要コレクションについての点字解説書をご用意しております。ご希望の方はスタッフにお声掛けください。

会場

堺 アルフォンス・ミュシャ館

住所: 〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200
ベルマージュ堺弐番館2F~4F

TEL: 072-222-5533

FAX: 072-222-6833

観覧料

〇一般510円

〇高校・大学生310円

〇小・中学生100円

※小学生未満、堺市内にお住まいの満65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方と介助の方は無料
※20人以上の団体は割引料金適用となります。事前にお問い合わせください。
※その他各種提携割引制度あり

 

主催

公益財団法人堺市文化振興財団 堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

後援

在堺チェコ共和国名誉領事館

協力

三重県立美術館、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、シマノ自転車博物館、OGATAコレクション、鶴身印刷所、いなだ石版印刷所

お問い合わせ

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

TEL:072-222-5533

FAX:072-222-6833

 

【1】『ポスターの巨匠たち』48点を一挙公開!

人気ポスターをハンディタイプに縮小し、収集家向けに販売された版画集『ポスターの巨匠たち』から1895年の収録作品を公開します。

 

【2】パリのトップ・デザイナー・ミュシャ

ミュシャの画業で語るに外せないパリ時代の商業デザイン。ポスターから装飾パネル。ジュエリーに至るまでパリの日常をうるおしたミュシャ・スタイルの世界をご堪能いただけます。

 

【3】リトグラフを特集展示!

ポスター、装飾パネル、絵葉書に雑誌、19世紀末の印刷を支えたリトグラフ技術を紹介。ミュシャ、シェレ、ロートレック、画家と印刷所の関係は表現の違いにも注目です。