企画展
開催前

【4/3まで臨時休館】ミュシャ館 公式作品集出版記念展 ミュシャと挿絵の仕事~STORY~物語の世界

2020/03/07(土)〜2020/07/05(日)
9:30~17:15(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(4月30日、5月7日)、展示替臨時休館日(5月12日・13日)
※2020年3月7日(土)~4月3日(金)まで、臨時休館いたします。

華やかなポスターや装飾パネルが有名なミュシャですが、実は女優サラ・ベルナールに見いだされて有名になる前は挿絵画家として活動していました。しかし画業初期から晩年まで挿絵の仕事を続けていたことはあまり知られていません。初期の傑作としてあげられる書籍『白い象の伝説』の挿絵は繊細で精緻な描写に特徴を見ることができます。当館では下絵を多数所蔵しており、それらを一堂に展示します。ミュシャはデザイナーとして人気となってからも変わらず表紙や挿絵を手掛け、『トリポリの姫君イルゼ』では彼の円熟した装飾デザインが全ページにわたって施されています。
本展では、ミュシャがライフワーク的に手掛けていた初期から晩年までの本の表紙や挿絵を通して物語の世界とミュシャの新たな一面を紹介します。

会場

堺 アルフォンス・ミュシャ館

住所: 〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200
ベルマージュ堺弐番館2F~4F

TEL: 072-222-5533

FAX: 072-222-6833

観覧料

〇一般510円

〇高校・大学生310円

〇小・中学生100円

※小学生未満、堺市内にお住まいの満65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方と介助の方は無料
※20人以上の団体は割引料金適用となります。事前にお問い合わせください。
※その他各種提携割引制度あり

 

主催

公益財団法人 堺市文化振興財団  堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

お問い合わせ

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)

TEL:072-222-5533

FAX:072-222-6833

・堺市が所蔵する書籍『白い象の伝説』の下絵全てを一同に展示。挿絵ごとに物語のストーリーをご紹介しながら作品をお楽しみ頂きます。

・書籍『トリポリの姫君イルゼ』と『クリスマスと復活祭の鐘』の全ページをパネルにて展示。ミュシャが1ページ毎に描いた、デザイナーとして円熟した時期の挿絵をご覧ください。

・画業初期から後期まで、ミュシャが生涯に渡って描き続けた挿絵作品を概観できます。