講演会「アートとカレンダー——ミュシャと12の月展に寄せて」
講座・講演
募集中

講演会「アートとカレンダー——ミュシャと12の月展に寄せて」

2021年4月10日(土)
14:00~(1時間30分程度)
中牧弘允氏(国立民族学博物館名誉教授、吹田市立博物館特別館長)

黄道十二宮、四季絵、月次絵はミュシャのカレンダーを特徴づける図案ですが、それをヨーロッパの作品群のなかに位置づけるとともに、日本の絵画やカレンダーと比較します。

———————————————————————-
中牧弘允氏プロフィール

1947年、長野県生まれ。埼玉大学教養学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、吹田市立博物館館長。宗教人類学、経営人類学、ブラジル研究、カレンダー研究などに従事。日本カレンダー暦文化振興協会理事長。カレンダーの収集と研究は1992年のインドネシア調査に始まり、国立民族学博物館特別展示「越境する民族文化」(1999年度)の「暦コーナー」を担当。主な著書に『日本宗教と日系宗教の研究 日本・アメリカ・ブラジル』(刀水書房)、『世界のカミ・ホトケ 経営と宗教の人類学』(講談社)、『カレンダーから世界を見る』(白水社)、『ひろちか先生に学ぶこよみの学校』『ひろちか先生に学ぶこよみの学校Ⅱ』(つくばね舎)、『世界の暦文化事典』(編著、丸善出版)など。

ウェブサイト「こよみの学校」にて、暦講座を連載掲載中!

会場

堺市立文化館

住所: 〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200
ベルマージュ堺弐番館2F~4F

TEL: 072-222-5533

FAX: 072-222-6833

定員

60名(申込先着順)

参加費

聴講無料(要観覧料)

申込締切

先着順。定員になり次第募集を締め切らせて頂きます。

応募方法

参加者名(要フリガナ)・年齢・人数・住所・電話番号を明記して、往復はがき、FAX、またはメール(mucha*sakai-bunshin.com)にて、下記堺 アルフォンス・ミュシャ館までお申込みください。

※電話申込み不可。

※上記メールアドレスの*を@に変えてメールを送信してください。

応募先

堺 アルフォンス・ミュシャ館 (堺市立文化館) 

〒590-0014
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
TEL:072-222-5533

FAX:072-222-6833

 

※館内ではマスクの着用をよろしくお願いいたします。

当日、体調のすぐれない方は来館をお控えください。

受付での検温時、37.5度以上の方はご入館いただけません。